ラテンバーでの過ごし方

サルサダンス解説

今回はラテンバーでの過ごし方をご紹介します。 
バーなので、もちろん踊れなくてもOKです。 
お酒とラテン音楽を聴いて楽しむだけのお客さんもいます。 
だから、すでに踊れる方は友達を誘いやすいのではないでしょうか? 
これは筆者のお勧めする過ごし方ですので、よかったら参考にしてくださいね
東京のサルサバーも簡単に紹介しています。

持ち物

ラテンバーに行くときに用意するものは、動きやすい普段着と履きなれた靴で行くならば、ほかに必要ないのかもしれません。
踊れるようになるとダンスシューズを持ってきてお店で履き替える方もいますが、普通のスニーカー等で踊るダンサーもいるので好みでチョイスしましょう。 服装も清潔感があれば普段着で大丈夫。女性は最初はスカートよりもパンツスタイルが踊り易くてお勧めです。ジーパン&TシャツでもOKですがせっかくなので少しだけおしゃれを心がけてみてくだい。
また、夏場は汗をかくことからインナーやTシャツの着替え、タオル等を用意しておくといいでしょう。合わせてデオドラントボディペーパーや口臭予防のためミント類があるとお互いがより快適に踊ることが出来ます。 「香水」もダンスの演出に効果的ですが、付け過ぎないように気をつけましょう

事前に情報収集

ラテンバーによっては日によって音楽ジャンルが替わるお店もあるので、サルサナイトかどうか?初心者向けのレッスンがあるのか、料金はいくらかかるのか、初めての方は特にお店に確認することをおすすめします。また、サルサパーティの情報を紹介しているWEBサイト(アンヘルのラテンワールド等)を活用して候補をいくつかピックアップするのもよいでしょう。

アンヘルのラテンワールドINDEX

初心者レッスンから参加しよう

ラテンバーでは19時前後から21時頃までレッスンを行っているところが一般的です。初心者レッスンから参加することで、普通は先生や他の受講者とも踊ることになるので緊張もほぐれます。会話がはずめばさらにいいですね。

お店の人と話してみよう

忙しそうでなければ、お店の人と話してみましょう!
「ここのお店はじめてなんです!」とかそんな感じでOKです。 
スタッフの対応が親切であれば何かと安心です。
ダンスのことはもちろん、音楽のこと、スペイン語のこと、お酒やお料理のこと等
検索では見つからない、おもしろい情報が聞けるかもしれませんね。 
また、お店の方と仲良くなることで、例えば忘れ物など、何か困ったことが起きた時にも声がかけやすく安心です。

誘いを断る勇気も必要

サルサイベントの時は会場にいるみんなでダンスを楽しみます。 
まずは、すぐに踊り始めないで全体の様子を見てみましょう。滑らかな動きで上手に踊る人、逆に少し緊張しながら踊っている初心者さん。観察するといろいろなタイプのダンサーがいることがわかりますが、ダンスレベルでなく丁寧に相手のことを考えながら踊っている人は誰か探してみましょう。そのうちあなたも踊りに誘われることでしょう!興味があれば勇気をだして踊ってみましょう!この時も「サルサダンス初心者です。」と一言伝えておくとよいと思います。 
もし、どのような理由であっても踊りたくないときははっきりと断りましょう。 
あっ!言い方はできるだけソフトにお願いしますね。 
「休憩しているので」とか「友達と話し中なので」とかそんな感じでいいと思います。 
お断りしたら「失礼なのでは」と思うのか、休憩もなく連続で踊りっぱなしの初心者の方を時々お見かけします。おしゃべりや飲み物&食事も楽しみながら自分のペースでラテンな夜を過ごせるといいですね。

東京のラテンバー

東京の主なラテンバーを名前だけご紹介します。 
ラテンバーだけでなく最近はダンススタジオや公共施設でのパーティも多数開催されていますが、次回以降ご紹介いたします。 

★六本木周辺 
サルサカリベ 
エルカフェラティーノ 
サルサスダーダ
ラ・トロピ
 
★新宿周辺 
ラテンクラブレオン 
フィエスタ 

★日暮里 
日暮里サルー

まとめ

いかがでしたでしょうか?
飲んだり、食べたり、おしゃべりしたり、踊ったり。ラテン音楽を聴きながらそれぞれが自由に過ごすラテンバーは大人の社交場といった雰囲気です。だからこそエチケットやマナーを守って楽しんでほしいと思います。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
サルサ関係のブログを探すなら!
↓↓↓


サルサランキング
タイトルとURLをコピーしました