デラルスいいよね!

サルサあれこれ

久しぶりの投稿です(^-^;今日は日本のサルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」をご紹介。
日本を代表!というよりもサルサ界を代表する世界的なサルサバンドと言っても過言ではないくらいのラ存在なのです。

とりあえず名前は覚えときましょう!

「オルケスタ・デ・ラ・ルス」略してデラルス!日本のサルサバンドで、日本国内よりも海外での方が知名度が高いサルサバンドかもしれません。
僕も海外に踊りに行くとよく、「日本から来たの?オルケスタ・デ・ラ・ルスの国だよね!」とよく言われました。
それくらい、海外のサルサ界では知っていて当たり前!くらい有名な存在なのです。
だから、サルサ好きならオルケスタ・デ・ラ・ルス!聴いてみてくださいね。

400 Bad Request

海外ダンサーもお気に入り名曲「マンボ デ ラ ルス」

オルケスタ・デ・ラ・ルスの曲の中でも、サルサダンサー達に特に人気なのが「MANBO DE LA LUZ」という曲です。
アップテンポでドラマチックなこの曲はサルサダンサーのダンスパフォーマンスでよく取り上げられています。例えば世界的なサルサダンサーADOLFO INDAOCHECAのダンスチームや海外のダンスイベントでも!

Eventopeople 2016 – ADOLFO INDAOCHECA AND THE LATIN SOUL DANCERS –MAMBO DE LA LUZ
Gya Dance Company Mambo de la luz 2017 Korea salsa & Bachata congress@la salsa

ジャパニーズポップスのカバーソングもおすすめです。
また、「私はピアノ」や「ライオンハート」等のジャパニーズポップスをカバーしたサルサ曲もいくつか制作しているオルケスタ・デ・ラ・ルス。こちらは初心者ダンサーにお勧めです。

人生60歳まではリハーサル

2019年にオルケスタ・デ・ラ・ルスのボーカル、NORAさんによる自叙伝です。
日本発のサルサバンドが海外で評価で評価を受け、バンドとして成功していく一方、ご自身のその時の悩みや将来の希望や夢等、サルサ音楽とダンスに関しての愛がいっぱい詰まったエッセイ本です。
常に前向きな元気印のNORAさん、今後の活躍がとても楽しみです。

まとめ

今回はオルケスタ・デ・ラ・ルスという世界に誇る日本発のサルサバンドについてご紹介しました。
筆者も実際にNORAさんにお会いしたことがありますが、その歌声は聞く人の心をひきつけ、そしてその笑顔がとても素敵な方でした。
サルサに国境はない!筆者もそう思います。
ひとりひとりの力は小さいかもしれませんが、ラテン音楽&ダンスから友好の絆がひろがるといいなぁと常に思います。

タイトルとURLをコピーしました