サルサパーティでの誘い方

サルサあれこれ

今回はダンスパーティでの誘い方について紹介したいと思います。
ペアダンスは相手を踊りに誘うところから「ダンス」がはじまっているのです。でもどうやって誘えばいいの?基本的には男性から女性を誘うというのがマナーではありますが、サルサの場合は女性から誘うことも普通に行われています。
パーティでは初対面の人と踊ることも多く、知らない人に声をかける行為そのものが特に初心者の男性にとってはステップを習うことよりも難しいのかもしれません。映画のワンシーンのように、スマートに相手を誘えるといいですね。とプレッシャーをかけつつパーティでの相手の誘い方をご紹介します。

踊ってもらえませんか?の一言でいいのですが

「踊ってもらえませんか?」その一言が言えなくて、最初は緊張の連続という方も多いのではないでしょうか?相手ががスーパー上手な人だったらどうしようとか?考えると誘うことが億劫になりそうですよね。筆者もサルサダンスはじめた頃はそんな気持ちの連続でした。サルサを踊るには最初は技術より度胸かも知れません。(^-^;
冗談はさておき、リラックスして自然に声をかけられるといいですよね。
賛否あると思いますが、「初心者ですが、」と付け加えると少しだけ声をかけやすいかもしれません。

友達と一緒に参加したり、パーティ前レッスンを受けたり

ダンスの誘い方はマニュアルよりも経験が大事だと思います。もし異性のダンス友達がいたら一緒にパーティに参加するのもよい練習になります。
誘う相手が友達なら声も掛けやすいですよね。また、パーティ前にダンスレッスンを開催しているイベントでは是非レッスンからの参加をお勧めします。
一般的にはパートナーをローテーションしながらレッスンを行うので、その後のパーティも同じレッスン受講者同士なら誘いやすいと思います。

相手は「お姫様」もしくは「王子様」と思うべし

ペアダンスはテクニックと同じくらい「相手を思いやる気持ち」が大事です。踊る相手がお姫様や王子様というのは言い過ぎかもしれませんが、相手に対し毎回そのような気持ちで踊れるとダンスがもっと楽しく気持ちよく踊れることでしょう。緊張しない程度にね!
一方でサルサダンスに慣れてくるとついついやってしまうのが「両手でつかまえる」誘い方。例えば自分の大好きな曲がかかった時など、「とりあえず相手をキープ」と言わんばかりに「踊って~!」両手を掴んで誘う場面を時々見ます。気持ちはすごくわかりますが、掴む誘い方には気を付けましょう!初心忘るべからずです。

無事に相手を誘えたら

ここからも大事ですよ。男性からエスコートしてフロアに行きます(急いで引っ張っては行けませんよ)。周りを全体をよく見てフロアの空いているところを探してゆっくり歩きましょう。そこから踊りのポジション(両手をつなぐ、もしくは男性が右腕を女性の背中側にまわしてホールドする)を作って踊り始めますが、片手ずつゆっくり組みましょう。サルサの場合は男性(リーダー)は左手&女性(フォロワー)は右手から組むとよいでしょう。ここでも両手を同時にガバッと掴むように組まないでくださいね。組んだポジションがしっくり来たら男性からリードして踊り始めます。テンポの速い曲であっても急がなくても大丈夫ですよ。

踊り終わったら

これも、「ありがとう」の一言でよいと思います。お互いが盛り上がったらそのあとは自然と会話も弾みますのであとはご自由に(⌒∇⌒)

まとめ

サルサは誘うところからがダンス!だからできるだけスマートに誘えるといいですね。
もちろん、いろいろな事情(相手が疲れていたり等)で誘いを断られることもありますが、落ち込まないでくださいね。
気を取り直して次、次。明るく前向きなのがラテンスタイルです。
アドリブで踊るサルサは一期一会の世界。同じ人と踊っても毎回その時だけのかけがえのない時間。
一曲一曲を楽しく大事に過ごせるといいですね。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
サルサ関係のブログを探すなら!
↓↓↓


サルサランキング
タイトルとURLをコピーしました