【サルサ業界用語】クラーベ

サルサダンス解説

クラーベ(Clave)とはサルサの基本になるリズム!
↑一言で簡単に説明しましたが、このクラーベ!なかなか奥が深いのです。
クラーベはスペイン語で「鍵」を意味し、文字通りラテン音楽を理解する上での重要な鍵となるのです。 そして奥が深~いこのリズムを理解することで、より気持ちよくサルサが踊れるのです。

クラーベについて

クラーベ(Clave)は基本的にクラベスと呼ばれる拍子木に似た、木製の楽器を使用して音を出します。

クラベス

音が3つの小節(3サイド)と2つの小節(2サイド)がセットでひとつのクラーベになります。
2つの音が先に来て、3つの音が後なら【2-3クラーベ】
3つの音が先に来て、2つの音が後なら【3-2クラーベ】と呼びます。

クラーベを楽譜で解説

さて、クラーベの5つの音のタイミングなのですがネットや本で調べると楽譜で解説していることが多いので、音楽が苦手な方には楽譜の「オタマジャクシ」を見てもすぐには分かりにくかったりします。なので、サルサのステップのカウント8拍「1、2、3、4、5、6、7、8」に対応したカウントで説明すると、
【2-3クラーベ】2、3、5、6&、8
※6&は6.5 「ろ・く」の「く」で叩くイメージ
【3-2クラーベ】1、2&、4、6、7
※2&は2.5  「に・い」の「い」で叩くイメージ
となります。

【3サイド】は緊張、不安定、動、【2サイド】は解放、安定、静といった感じでしょうか?

Son Clave 3-2 & 2-3 (watch & learn)

クラーベ鳴ってないのに!

他のパーカッションやピアノ、ベースのパターンもクラーベのリズムの上に成り立っているので、例えばサルサの曲を聴いていて「クラベス」が鳴っていなくても他の楽器の奏でるリズム等を聞くことで2-3クラーベ?もしくは3-2クラーベで進行しているのかがわかります。
ただ、解る人にはわかるレベルの話なので個人的には初心者のうちはそこまで極めなくてもいいと思います。
少しずつ理解を深めて、踊っているときもクラーベを感じることが出来れば、もっともっとサルサを楽しく気持ちよく踊ることが出来ます。
その為には音楽理論も頑張って勉強して、たくさんサルサの曲を聴いて踊る努力が大事になります。

クラーベで拍手しよう

サルサコンサートでもクラーベで手拍子

理論的に理解することで少しずつクラーベを感じながらダンスを踊ることが出来るようになるでしょう。
でも初心者のうちはやはり難しいのでとりあえず、なんとなくでもクラーベのリズムを手拍子で出来るようにしておくとよいでしょう。
例えば、サルサのダンスパフォーマンスで応援するときやバースデーサルサ等でお祝いするときは基本的にクラーベのリズムで手拍子をします。
一般的なパン、パン、パン、、、と一定間隔の手拍子だと逆に踊りにくかったりします。
クラーベの手拍子は意外とすぐにマスターできるかもしれませんが、カウントでも理解することでタイミングの正確さが上がります。
また、少し慣れてきたらサルサのステップを踏みながらクラーベのリズムを手拍子してみましょう。よいリズムトレーニングになりますよ!

まとめ

サルサ音楽の要となるリズム「クラーベ」。知れば知るほどラテン音楽がもっと好きになりますよ。
しかしながら、クラーベを感じ取りながら踊ることは理想ですが、サルサダンス初心者にとって最初はリード&フォロー等踊りそのものの動きを覚えるだけで大変で、クラーベやパーカッションのリズムパターンを聞く余裕なんて無いのが現実ではないでしょうか?個人的には最初からクラーベを理解できなくても楽しく踊ることはできるので、少しずつ理解していく気持ちでサルサダンスを楽しんでいってもらえたらいいなと思います。

LP LP262R クラベス
島村楽器
¥ 3,520(2019/11/27 01:54時点)

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
サルサ関係のブログを探すなら!
↓↓↓


サルサランキング
タイトルとURLをコピーしました