ひとりで踊るサルサとは

サルサダンス解説

サルサダンスは基本ペアで踊りますが、ソロのステップで見せる踊り方もあります。「シャインパート」または「シャイン」と呼ばれいています。 

そう、一人で踊るサルサダンスもあるのです。今日はサルサのシャインについてご紹介いたします。 

シャインって何? 

ペアではなく、ソロのステップで踊ることをサルサでは「シャイン」と呼んでいます。パーティでペアで踊っている時も、ずーっと手を繋いでいるわけではなく、あるタイミングで男性が女性から離れる(もしくは女性を離す)ことでお互いがソロのステップで踊り始めます。ペアワークに対してひとりステップのみで踊る部分をシャインパートと呼んでいます。 

基本的に自由にステップ踏んでください。 

このシャインステップ、相手や周りの人に迷惑をかけなければ基本的に自由に踊って大丈夫。音楽にあっていてカッコよければ、ヒップホップやレゲトンはもちろん、フラメンコ、フラダンス等他ジャンルのステップワークを入れてももちろんOK。サルサ音楽の方も曲の途中でラップが入ったり、フラメンコやサンバのリズムがアレンジされた曲があったり、いろいろと個性的なものがあります。ただ、ペアで踊っている時にはいるシャインパートはちゃんと相手を意識して踊ることが大事です。ペアで踊っている緊張感からか、一人踊りになったとたん、相手を忘れてひとり踊りに夢中になる方も時々いるのでご注意を! 

また、シャインステップはお互いが同じステップを真似っこしてもいいし、全然違うステップを踏んでもOKです。 

基本的に自由とは書いていますが、その中でサルサらしいステップももちろんあって、曲のテイストにあったステップをどう展開していくかがダンサーの腕の見せ所だったりします。 

サルサ初心者へのアドバイス

ペアで踊っている時にあるタイミングで手を離されて、一人踊りにっ(・・;)。初心者にとってはシャインパートは一つのハードルなのかもしれません。 でも、難しいステップをやらなきゃと思わないでくださいね。ベーシックステップ、サイドステップ、右回りといったペアで踊るときの基本ステップも一人でやれば立派な「シャインステップ」なのです。それさえも忘れるならばステップ踏めなくても笑顔で体を音楽に合わせて揺らして待ちましょう。 よくないのは、しまった顔して固まっちゃうこと。いや固まっちゃうよね最初のうちはやっぱり、でも失敗してもいいからリラックスして笑顔で踊ることにチャレンジしてみてください(^▽^)

仕草で魅せるスタイリング 

女性は腕や足、そしてボディーでより女性らしい仕草をつける。男性は力強く男らしい仕草を入れる。これをスタイリングと言います。 これもシャインステップ同様、まずは踊りながら頭を撫でるだけで立派なスタイリングとなります。特に女性はこの仕草、複雑なステップを覚えることよりも難しそうです。ちょっと色っぽく自分の頭を撫でるだけなのですが、普段やらない、、よね!やっぱりちょっと恥ずかしいですよね。でも、上級者ダンサーの踊り方、特にレディーススタイリングはメッチャカッコいいのでそういう人の踊りを見てイメージを重ねて練習することがスタイリングを覚える一つのコツかもしれません。

まとめ

ソロのステップで踊るサルサ!そのステップワークにはいろいろな種類がありますが、まずは基本的なステップを組み合わせて踊ると良いでしょう。 

また、シャインステップのみでみせるダンスパフォーマンスもあります。 

ひとりで、また群舞で!シャインステップにはいろいろな表現があり、見ていて飽きることがありません。基本ひとり踊りなので、ペアで踊ることにまだ抵抗がある方はシャインステップの振付クラスやオープンクラスからサルサダンスをはじめてみてはいかがでしょうか?

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
サルサ関係のブログを探すなら!
↓↓↓


サルサランキング



タイトルとURLをコピーしました