サルサダンスと社交ダンスの違いは

サルサダンス解説

時々聞かれます。うん、サルサの方がいろいろユルイかなぁ。よい意味でね(^-^;。今回は個人的な見解ですが、サルサと社交ダンスの違いは何か考えてみました。※ステージショウや競技会でのサルサの踊り方は除きます。

サルサはその場でコンパクトに踊る

これくらいの人口密度でも大丈夫

サルサダンスはその場にとどまって小さくコンパクトに踊ります。動画を見ているとジルバよりももっとコンパクトです。中級レベル以上なら畳一枚分位のスペースもあればきっと快適に踊れるでしょう。いかに場所を使わずに踊れるか!というところもサルサダンサーの腕の見せ所だったりします。

サルサは腕を「あやとり」のように絡めて踊るテクニックが多い。

サルサダンスの紹介

サルサダンスの特徴の一つだと思います。腕を絡めたり、ほどいたり、軽く「トス」したり、落としたり、沢山のパターンがあってこれがまた面白いのです。

サルサは自然体で踊る

パーティで踊るサルサはどちらかというと自然体で踊ります。普段の生活での姿勢と同じと言えばいいのでしょうか? 例えば男女がペアを組む時もお互い自然にハグするようなイメージ(但しお互いの体は少し距離をとります)でホールドします。だから、体を大きく見せるようなポーズはあまりしません。もしかしたらこじんまり?と見えているのかもしれませんが(o_ _)o

サルサは友達を気軽に誘える

サルサ(ラテン)バーなら踊ったことない友達も気軽に誘えますよ。もし、友達がダンスに興味がなかったとしてもゴキゲンなラテン音楽と周りの人が踊っているのを見ているだけでも楽しんでくれることでしょう。カジュアルな集まりなら普段着で踊れるのもまたサルサ魅力のひとつです、お洒落で清潔感があればジーンズ&Tシャツもあり、会社帰りにスーツで踊りに来る人もいるくらいです。飲み会の後にラテンバーに誘われたのがきっかけでサルサダンスを始めた!なんて人もいるのではないでしょうか?

まとめ

今回は好きなように!?個人的な意見を紹介してきましたが、サルサダンスって社交ダンスの影響を良い形で受けていると思います。それ以前にサルサの語源はあの辛いサルサソースのように、いろいろなもの(音楽も踊りも)が混ざって出来たからサルサと名付けられたという説もありますから。
特に最近のにステージショーやコンペティション(競技会)でのサルサダンスを見ていると衣裳や表現等、だんだん社交ダンスのラテンみたいだなと感じる時もあります。その昔ロサンゼルスでマヤンサルサコンペティションという大きな競技会があったのですが、表現も衣裳もかなり自由で、ニンジャや映画のキャラクター等の仮装で踊っていたペアもいました。なんでもアリ、なにが出てくるかわからない面白さがとても好きだったのですが今は開催されていなくて残念です。普段着でも気軽に楽しめるサルサダンス!まずは一度本物を見てもらいたいなぁ。と思います。


タイトルとURLをコピーしました